司法書士法人立沢・滝澤法務事務所のご紹介

top_1.jpgはじめまして。ホームページへお越しいただきありがとうございます。代表の立沢 剛彦と申します。

 

私は、当事務所を開業する以前は、大手司法書士法人に勤務し、売買や相続、金融機関での融資などの不動産登記のほか、商業登記事業再生など「企業法務」の経験を積んでまいりました。

また、司法書士になる以前は、都内の百貨店において販売、総務、人事の業務に従事しておりました。

 

司法書士としては、変わった経歴ですが、百貨店に勤めるサラリーマンとして、接客や販売の管理職、総務や人事といった事務方の仕事も経験してきたことは、お客様の「ニーズ」や実際の企業の「現場」の大切さを理解するうえで貴重な経験となっております。

 

top_1-2.jpg遺産分割や調停・裁判といった法律的な問題は、個々の案件ごとに背景や経緯が異なるため、、「ニーズ」や「現場」を理解せずに、画一的な処理をすることは困難です。

また、不動産や商業の登記という「結果が同じものとなる業務でも、「ニーズ」や「現場」が理解したご提案ができなければ、目指すべき「結果」は的外れなものとなってしまいます。

 

当事務所では、「結果」だけでなく、お客様ニーズを把握するための面談、法的処理を導くためのご提案とご説明、安心してお任せいただくためのご報告といったプロセスを大切にしたサービスをご提供することを心掛けております。

 

top_1-3.jpgまた、打ち合わせなどは、ご要望に応じてお客様の元へ出向かせていただいております。どうぞお気軽にお申し付け下さい。

 

当事務所が、皆様の大切な権利を保護するために、お役に立てましたら幸いです。

事務所概要はこちらへ

▲このページのトップに戻る